不動産業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> 不動産業界への第二新卒転職

不動産業界への第二新卒転職

不動産業界と聞いて多くの方がイメージするのは、街の不動産屋でお部屋探しをしている人に、お部屋の提案をしたり下見に連れていったりといった業務内容を思い浮かべるのではないでしょうか。これは所謂、賃貸仲介という業務に当たるのですが、不動産業界の業務はそれだけでなく、売買仲介、販売営業、法人営業といった営業業務の他、マンションやビルの企画、開発、プロジェクトの推進といった業務、またビルやマンションの維持管理といった業務も存在します。

不動産業界では新卒、転職などによる中途採用に関わらずまずは営業業務を担当する事が多い傾向にあります。新卒者の場合、いかにして育てるか、という事が重要視されますが、第二新卒の中途採用となると、いかにして会社に利益をもたらすか、という事が重要視されます。業界経験者や社会人経験者が好まれる業界で、若さと一般常識、社会知識などを武器として持つ第二新卒も好まれる傾向にあります。

不動産業界に限らず、営業職はある種の才能がものを言う業務でもあります。毎月多くの契約をコンスタントに取る営業マンはある種の天才であり、その真似をしようとしてもなかなか出来る事ではありません。第二新卒として不動産業界に飛び込み、営業職として働くのであれば、今まで培った知識やノウハウ、また社会経験などを活かし地道な努力も同時に続ける必要があります。特に中途採用者は利益をもたらさなくなったら終わりと言われる業界なので、それこそ歯を食いしばって努力しなくてはいけません。

経験者は優遇される、という常識は現代では段々と通じなくなっています。勿論、経験者を優遇するという企業は数多く存在しますが、不動産業界ではその限りではありません。経験者イコール人件費が高くなる、という点がポイントで、その為企業としては若者を優先的に採用する傾向にあります。第二新卒であればある程度の経験と若さを兼ね備えているので採用され易いかもしれませんが、企業によって判断基準は大きく異なるので油断は出来ません。

不動産業界は非常に横の繋がりが強い業界です。その為、不動産関連企業から企業へと渡り歩く、即ち転職を繰り返すというのは良い事ではありません。そのような情報はすぐにネットワークで知られてしまいます。その為、少しでも長く働けそうな企業、会社を探すという事が最も重要です。第二新卒の中途採用であれば、それこそ骨を埋める覚悟で探した方が良いかもしれません。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.