IT業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> IT業界への第二新卒転職

IT業界への第二新卒転職

IT業界には、様々な職種があります。経験者、未経験者、関連学校の出身者問わず、専門的なスキルが求められる職種も多いです。もちろん、広い意味で言うならば、IT企業の一般事務や営業職などに従事する場合も、IT業界に就職すると言えるでしょう。コンピューター社会が発達している世の中ですから、専門性のあるなしに関わらず、需要は多いです。条件が広く募集されていることが多いため、特に、第二新卒で有利な業界でもありませんが、不利な業界でもないと言えます。

専門職の中には、大学や専門学校で深い知識を経験している人が、大きく活躍出来る分野があります。中には、その専門知識を入社してから研修で身に着けられるところもあります。新卒求人の際に、「未経験可」と募集をかけているところも多いです。第二新卒の場合も同様で、企業によってその募集内容には違いがあります。

SE(システムエンジニア)やPG(プログラマー)と呼ばれる専門職は、体力的にキツい、出勤時間が不規則で残業が多いというイメージを持つ人も多いです。しかし、これは一概ではなく、実際の業務は、やはりその企業によって異なります。良い条件のところもあれば、そうではないところもあるのは、他の業界と同じです。

同じ企業でも、所属するチームやプロジェクトによって、勤務体系が変わることも多いです。IT業界は、一般的にはこのチーム・プロジェクト単位で動くことが多いため、臨機応変な対応が出来る人は求められやすい傾向にあります。専門職の人は、時には様々な企業に入り込んで仕事をすることもあります。コンサルタントの場合は、顧客対応も多くなるため、人と接するのが得意な人には向いています。第二新卒の場合は、接客業のアルバイトを長くしていた人などは、良い武器になることが多いでしょう。

IT業界に入る場合、共通して求められることは、「コミュニケーション能力」であると言われています。友達が多く、空気を読んだ発言出来る人気者…という言い方も出来ますが、自分の技術や意図をうまく相手に伝え、するべきことを遂行していく能力が不可欠というわけなのです。

IT業界は、急速な発展と共に、人材不足が否めない分野でもあります。しかし、誰でも入れるところではありませんし、長続きするためには、継続した努力が必要なのは、他の業界や職種と何ら変わりありません。自分が現在持っている特性と、今後伸ばしていける部分をよく考えた上で、のぞんでいくのが良いでしょう。

絶対数が多くなっている業界であるだけに、第二新卒向けの説明会やセミナー、勉強会なども多く開催されています。参考書の類も豊富なので、本人の努力次第で、就職前に大きくスキルを伸ばしていくことも可能です。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.