金融業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> 金融業界への第二新卒転職

金融業界への第二新卒転職

第二新卒とは、基本的に就業年数が三年未満とされていますから、「社会人としての常識や基礎力」は身に着いていても、若手としての意欲や伸び代、柔軟性や育成の可能性を持っているというポイントがあります。このメリットを大きく活かせるのが、金融業界です。銀行、投資会社、証券会社、IR支援会社、経営コンサルタントなど…企業や職種によって業務内容は様々ですが、一貫して、多くの知識や経験を身につけていく必要があるのが金融業界です。日系の会社であるか、外資系の会社であるかで区分しても、そこにお菊違いはありません。

ただし、その一方で、大学等で専門的な勉強をしてこなかった人でも、その後の勉強によって、多くの知識を身につけやすい分野でもあるのです。金融業界に関する知識は、普段の生活の中に深く関係している場合が多いです。銀行などは、誰しもが利用する機関ですよね。また、金融関係の業務は、個人投資やFXなどの低金額で始められるものも多いため、自身が専門教育を受けていなくても始めることが出来ます。そのため、時に顧客となる相手は、必ずしも経済関係の教育を受けた人ばかりではありません。

もちろん、マネージメントやコンサルティングをしていく上で、知識がないことには話になりませんから、事前に個人で知識を仕入れ、情報に敏感になっておくことは絶対的に必要です。未経験であっても、個人のやる気さえあればいくらでも転職していくことが出来るのが金融業界であり、逆に言えば、本人のバイタリティなしに、務めることができないのもまた金融業界であると言えるでしょう。

社会全体の投資ブームや、少額株の増加によって、金融業界は常に変化しています。経済の動きは社会の動きですから、世間のことに敏感になって、ちょっとした情報からでも、どんな影響が出るのかを瞬時に予測出来るスキルが求められます。第二新卒の場合、即戦力的なスキルは求められなくても、敏感にアンテナをはるスタンスや、柔軟で臨機応変な考え方や行動力を持っていると、転職の際には有利に働くことが多いでしょう。

未経験でも入りやすく、金融業界に関する知識が増えやすいのは、営業職や事務職であると言われています。企画力や調査力を見られる場合も多いです。金融業界の性質上、転職者向けのセミナーや、資格をとる専門学校も多く存在しているため、転職活動自体はやりやすい分野です。まだまだ保守的なスタイルをとる傾向が強い業界であることを念頭に入れて、転職活動に励んでみてください。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.