エネルギー業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> エネルギー業界への第二新卒転職

エネルギー業界への第二新卒転職

離職率が低く、残業なども比較的少ないとして人気の業界がエネルギー業界です。エネルギー業界とは、ガス、電気、などの供給販売、メンテナンス、研究開発など、エネルギーに関わる仕事を指します。また、石油関連企業もエネルギー企業だと言えるでしょう。ここではエネルギー業界における第二新卒の転職という事でお話を進めていきたいと思います。

どのような業務を行うかは扱うエネルギーによって違いが生じますが、基本的にどのエネルギーを扱う企業でも、様々な部署が存在しそれぞれ業務を分担しています。研究施設ではエネルギーに関する研究が行われ、開発部では開発が、管理部ではエネルギーの管理、営業部では供給販売に関する営業など、実に様々な業務を部署に割り当て分担しています。どの部署に配属されるかにより業務内容は大きく異なりますが、この業界への第二新卒転職はある程度ビジネススキルを身に付けている人が優遇される傾向にあります。

エネルギーを扱う業界という事で、環境問題や次世代エネルギーに興味、関心のある人を企業側は求めています。それだけなら新卒生でも良いのですが、企業としてはやはり即戦力を期待するでしょう。環境問題やエネルギー問題に強い関心を持ち、尚且つビジネススキルを持っている第二新卒であれば企業側も優遇するのではないでしょうか。また、エネルギー業界は海外を拠点に活躍する事も多く、実社会で英語を活用した経験のある人なども向いているかもしれません。

エネルギー業界でのスキルを身に付けようとすると数年は掛かります。その為、合わなかったらすぐに転職しよう、と考える人はこの業界に向いていないかもしれません。入社後しばらくは営業職に回される事が多く、コミュニケーションを取る力なども重視されます。また、決して個人プレーで活躍出来る世界ではないので、協調性の有無も採用に大きく関わってくるポイントです。個人で勝負したい、結果を出したい、という人には向いていない業界かもしれません。

第二新卒であれば最低限のビジネスマナーやビジネススキルも期待される事でしょう。特に入社後は営業職を経験する事が多いので、既に社会人として経験を持つ第二新卒を採用するエネルギー関連企業も多く存在します。しかし、いくらビジネススキルやビジネスマナーを持っていたとしても、重要なのはエネルギー資源に対する考え方や環境問題に対する意識の高さです。それに加えチームプレイが要求されるので、エネルギー業界へ転職を検討するのであれば覚えておきましょう。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.