コンサル業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> コンサル業界への第二新卒転職

コンサル業界への第二新卒転職

コンサル業界への転職希望者数は、他の業界と比較してもとても多いです。これは新卒採用時の希望でも同様です。コンサル業界と一口に言っても、その職業内容は様々です。コンサルタントの基本的な仕事は、経営面で相談してきたクライアントの依頼を受け、問題を改善に持っていくことですが、そのクライアントの種類、経営の規模、業界事情などによって、職務内容がかなり左右されてくるというわけです。

第二新卒転職者に限らず、コンサル業界で必要なのは、コミュニケーション能力と交渉能力。クライアントからきちんと依頼を聞き出し、業務をしっかり遂行していくという過程において、業務を維持するスキルはもちろんのこと、対人能力値は高いものでなければいけません。ひとりで業務に当たるわけではなく、コンサルタントチームを立ち上げ、クライアント企業の調査、データによる分析、今後の経営戦略のシミュレーションを徹底して、改善に向けて決行していきます。芳しい結果が出なかったときために、予備案をいくつも出しておく必要もあります。様々な方面から物事にアプローチしていく能力も必要です。

また、クライアントの企業にもよりますが、経済的・経営的な知識はもちろんのこと、常に世の中の流れを組んで、状況を把握しておくアンテナの鋭さも必要です。「流行に敏感」という言葉ではピンと来ない人も多いかもしれませんが、経済を左右する情報に対して、気を抜かない性質の人に向いている業界でしょう。

近年、経済の動きが活発化し、コンサル業界を利用する人が増えた影響もあり、業務は激しいものです。もちろん、苦労のない仕事なんてありませんが、特にラしっかりやり遂げるという強い精神がある人でなければ、務めることは出来ないところでしょう。

人気の業界のため、就業には高倍率の中を勝ち抜いていく必要があります。その中で更に活躍出来る人を探しているため、経済・経営関連の情報を常に更新した上で、必要な資格や検定等を積極的にとっておくことが重要です。

また、コンサル業界には、コンサルタントとしてだけではなく、事務的なサポートを専門に行う職種もあります。全体数は少ないため、競争率も高いです。スケジューリング能力の高さ、空気を読み、人の気持ちを汲んで行動するスキルを持った人が選ばれる傾向です。

常に周囲に気を配り、あるときは戦略に活かし、あるときは気遣いをして輪を整えるという器用さと、逆境にも耐え抜く強い精神力、スキルを上げる信念を持ってのぞみましょう。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.