建築・土木業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> 建築・土木業界への第二新卒転職

建築・土木業界への第二新卒転職

建築、土木業界と聞くと、男の仕事、男の職場といった感じがするのは仕方のない事です。確かに、建築や土木の仕事に携わる人の多くは男性であり、そこに女性が入り込む隙はなかなかありません。また、建築や土木の第一線の現場で働くのは比較的容易で、ハードルも決して高くありません。実際の現場では様々な役割分担がされるので、高い技術を要する仕事もあれば、比較的誰にでも可能な仕事も存在します。その為、短期のアルバイトとしても人気の高い業界です。

この業界は、第一線の現場で働く技術者、作業員などとは別に、設計やプランディングの仕事なども存在します。自身がどういった仕事をしたいかにより変わってきますが、設計やプランディング、また施工管理などに携わりたい場合はそれに準ずる資格などを取得し、建築設計事務所、土木設計事務所などに雇用して貰う必用があります。現場の技術者として作業に準ずる場合は、肉体が健康である事、また経験年数が重視されます。経験年数や持つ技術によって大きく収入が変わってくる業界です。

この業界の特徴として、新卒でも第二新卒でも、分け隔てなく採用する傾向にあります。理由としては、この業界は常に人手不足傾向にあり、また人の入れ替わりも比較的多い業界だという事が挙げられます。技術や経験がものを言う世界なので、見習い期間、修行期間の辛さに耐えきれなくなって辞めていってしまう人は少なくありません。しかし、見習いでもある程度高収入が見込まれる業界なので、それに魅せられる人が多いというのも事実です。

全くの異業種からこの業界に入るよりは、ある程度経験者の方が好まれる傾向にあります。建築や土木の現場では、実際に作業を行いながら新人に指導をしていくので、技術者や指導員からすると負担が大きくなってしまいます。また、それが作業の進み具合に大きく影響を及ぼす事もあるので、現場レベルの話としても少しでも経験者、即戦力が欲しいというのが本音でしょう。

第二新卒としてこの業界へ転職する場合、ある程度その業界について調べていたり、また高い意識、意欲を持って応募してきていると考えられるので、企業側も積極的に採用する傾向にあります。決して第二新卒の方が有利、という事ではないですが、一度社会に出て、違う仕事を経験した上でこの業界を選択したという意欲は買って貰えるでしょう。そこから先は自身のやる気や努力、向上心が必要となる世界です。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.