アパレル業界への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 業界別の第二新卒転職 >> アパレル業界への第二新卒転職

アパレル業界への第二新卒転職

アパレル業界への転職、アパレル販売員への転職を考えるのは比較的女性が多い傾向にあります。アパレル販売員は接客が主な業務だと思われがちですが、実際には、電話対応や金銭管理、包装、商品管理、レイアウトの変更、商品の発注や検品、店内の清掃など多岐に渡ります。基本的な業務内容は以上となりますが、時期などによっては業務が増えたり、様々なイベント時などにも業務が増え、労働拘束時間も長くなる傾向にあります。

この業界に向いている人は、他人と会話する事が好きで、意欲的に企業の売上に貢献出来る人などが挙げられます。店舗や企業によっては、ノルマが課せられる事も多く、当然一日のノルマを達成する為にはお客様へ積極的に話しかけ、商品をお勧めして販売する必要があります。人と話すのが苦手、積極的に商品を勧める事が出来ない、という人には少々向いていないと言えるでしょう。コミュニケーション能力が高い人は優遇される傾向にあります。

第二新卒を求めるアパレル企業や店舗は少なくありません。一般的な接客マナーやビジネスの常識について理解している人が多く、また意欲に関しても第二新卒の転職希望者の方が高い傾向にあるので、そこを重要視する企業や店舗は多いです。同じ業界からの転職であれば、それまでどのような商品を扱ったか、売上にどれほど貢献したかを重要視される傾向にあるので、事前にまとめておくと面接時も有利に働くでしょう。

第二新卒の転職者に期待されるのはやはり即戦力でしょう。社会人未経験の新卒者と比べ、少しでも社会人として経験を積んでいる第二新卒を求めるアパレル企業や店舗は少なくありません。販売数を伸ばし、とにかく売上を上げるという事が何にも増して重要とされる世界なので、商品を求めて店舗に足を運んだお客様に的確な説明、好感を抱かせる接客が求められます。その為第二新卒を採用する店舗や企業は多いですが、企業側、店舗側の期待した通りの結果を出す必要があります。

実際、第二新卒を積極的に採用するアパレル企業や店舗は数多く見つかると思います。それだけ第二新卒への期待値は高いと言えるのですが、逆を言えばそれだけの期待に沿える力を発揮出来なかった場合はその企業や店舗にとって不要な人材と判断される恐れもあります。特別な資格などは必要ありませんが、誰とでも会話が出来、また商品についての説明なども簡潔に分かり易く、またお客様の購買意欲を掻き立てるような話術は要求されます。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.