第二新卒の自己PRの方法は?

第二新卒転職TOP >> 第二新卒転職のよくある質問 >> 第二新卒の自己PRの方法は?

第二新卒の自己PRの方法は?

自己PRは、面接の上で非常に重要です。人事部はこれから採用する人が、企業にとって利益を与えてくれるかどうか判断していくだけでなく、自己形成をしっかりと行ってくれるかどうか判断していく材料になります。第二新卒だと転職面接は実績よりも仕事への意欲を見ていくことになります。

しかし、各企業で自己PRで見る点は大きく異なります。一体どのような点を見ていくのでしょうか。多くの企業で自己PRを評価をしていくポイントを見ていくことにします。まずは仕事に対して前向きに考えていけるかという点です。前向きな気持ちは仕事をしていく上で必要な要素です。面接を受ける企業が、なんとなくでは人事担当者も採用のポイントを絞ることができません。

今までにやってきた仕事でどのようなことをしてきて、そしてやりがいを感じたことや将来のビジネスパーソン像を理由を交えてPRしていくといいでしょう。同じ業種を志望しているのであれば、なぜその業界で仕事をしたいのかアピールしながら、その理由を伝えていくと効果的です。これらのアピールポイントを一生懸命、楽しそうに伝えていける気持ちを持って面接に臨んでいきましょう。

次にビジネススキルを的確に伝えることです。自分が培ってきたビジネススキルを採用してくれないと、会社に利益を与えないという強い気持ちを持って面接の回答をしていくといいでしょう。具体的に自己Rに組み込みたいポイントとしては、まずPCに関するスキルです。ここではオフィスソフトを中心に伝えていくといいでしょう。Excelで実績を集計できたり、PowerPointでプレゼン資料を簡単に作ることができるといった詳細を伝えていくと効果的です。

基本的なビジネススキルでは、報告連絡相談を徹底していることやPDCAサイクルを頻繁に行っているなど、自分自身がビジネススキルを向上させていることをしっかりと伝えられれば採用は近くなっていくでしょう。そして他の社員と一緒に仕事を行っていくので、コミュニケーション能力も伝えていかなければなりません。仕事の上では非常に重要な要素です。

業種が絞られているのであれば、その業種にあったPRも行っていかなければなりません。例えば営業では目標の立て方や達成までどのように仕事をしてきたかなどを伝えていくことになります。採用の要件を満たしているか、これで人事担当者はチェックをしていきます。

できないところをどうやって補うのかも、人事担当者は見逃しません。自己PRはいいことばかり並べても通用しません。マイナス部分も補う方法を伝えられれば問題ありません。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.