第二新卒の転職理由は?

第二新卒転職TOP >> 第二新卒転職のよくある質問 >> 第二新卒の転職理由は?

第二新卒の転職理由は?

第二新卒はキャリアが短いということで、企業側は何を重点的に見て採用するのか、その基準ををどこに置いたらいいのか面接対応を行う人事部は常に考えています。転職活動を続けていても、考えすぎて活動が滞ってしまうということも多くなります。アピールポイントを作らないと、当然ながら転職の成功は遠のいてしまいます。そんな中で、人事部が面接で聞いてくる転職理由についても、しっかりと考えていかなければなりません。

第二新卒でなくても転職をする上では、前の会社をなぜ辞めてしまったのか知りたいのです。それは、たとえ採用しても同じような転職理由で会社を離れてしまっては損失を産んでしまうことがあるからです。

会社にとって人材は財産の一部です。そのため財産を大事にしていくために、手元に控えるかどうか面接で決めていきます。ここで第二新卒になった理由を述べていく時に、これまでアピールして高評価を得ていても、あっという間にマイナスになってしまうことがあります。実際に履歴書を見ていけば、勤務年数が目に入ってしまいます。そして第二新卒者は多くが早期退職になっているのです。他の質問でアピールして、我慢強いとかまじめに働いていると言っていても履歴書を見れば、働いている期間が短いため本当なのか疑ってしまうこともあるのです。人事部は転職理由や退職理由を常に掘り下げてきます。

では、第二新卒者はどのようにアピールしていけばいいのでしょうか。入社の意欲に結びつけるためには、まずネガティブな理由を隠しすぎるのはやめましょう。素直に仕事をすぐに辞めたくなったり、我慢強くないといったことを言ってしまうのはいけませんが、隠しすぎるのも不自然になってしまいます。反面、これからの展望を漠然と応えたりこれから頑張るといったポジティブな返答を続けていっても、上っ面ではないかと思われます。

TPOに合わせて、人事部が転職理由から何を聞きたいのか把握していかなければなりません。面接で理想的な回答方法は、転職理由を最初に短く伝えることです。「体を壊した」「給料が上がらなかった」「労働時間が長かった」など、最初は短く伝えるのです。

しかし、ここからその理由を伝えていきます。ここで理由だけでなく反省点を伝えていくのです。体を壊した時は自己の管理ができなかった、労働時間が長かったというのは上司と相談にしなかったなど理由に対して改善策を打たなかった件を話します。そして最後に改善させながら、この会社で長く働きたいと意欲を伝えるのです。これで反省点をどう踏まえて、会社で活躍してくれるか人事部は判断していきます。自己分析を行って、効率的な回答を用意しておきましょう。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.