第二新卒の志望動機は?

第二新卒転職TOP >> 第二新卒転職のよくある質問 >> 第二新卒の志望動機は?

第二新卒の志望動機は?

面接だけでなく、履歴書にも記載しなければならないのが志望動機です。頭を悩ませる質問になりますが、転職先として考えている企業を志望する理由がなければ、人事担当者も冷やかしなのではないかと考えてしまいます。明確な理由を持って志望動機を作り上げていくことが重要です。

志望動機は企業の情報を知りながら書いていくことが重要となりますが、第二新卒者となると少なからず社会人として仕事を経験しています。その仕事が希望する企業の仕事と合っているか確認することが必要となり、志望動機に当てはめることが大切です。志望している企業でどのように活かすことができるかをアピールできるポイントにもなります。採用側が自分の会社にとって利益になるかを判断する点でもありますので、志望動機を疎かにしてはいけません。

志望動機も様々ありますが、給料に惹かれて就職したいという人も少なくありません。しかし給料を多くもらえるからと単純に志望動機を述べても、当然ながら採用されることがありません。給料を中心にした志望動機を述べると、仕事の中身を把握していないのではと人事担当者に見透かされてしまいます。この時は年収や給料を志望動機に単に挙げるだけでなく、その額に見合ったスキルや知識を持っていることをアピールするといいでしょう。

「自分の知識で仕事に活かしたい」ということをアピールできる志望動機ならば、採用される確率も高くなっていきます。これで自分の商品価値を伝えていくことができます。給料面での交渉もスムーズに進めていくことができるでしょう。

面接などの前に苦労して作り上げていくことになる志望動機ですが、最も難しいのが仕事などで志望動機の理由がないという時です。前職の仕事内容がついていけなかったり、人間関係に嫌気が差して会社をやめてしまったという第二新卒者も多いです。どうしても受けたい企業なのですが、志望動機が見つからないと焦ってしまいます。どのように志望動機を作り上げていけばいいのでしょうか。

まずは受けたい企業の情報を収集していきます。ホームページなどで情報を簡単に集めていくことができます。最近社長がブログを投稿していることが多いので、情報を集める際にはしっかりとチェックしておきましょう。役員面接などで志望動機を聞かれた時に、社長のブログから志望動機を導き出したというケースもあります。そして自分の経験やスキルと合致しているか調査をしていきます。これで志望動機を作り出すことができるでしょう。経験などを明確に志望動機に結びつけることができれば、採用される確率も高くなります。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.