第二新卒の職務経歴書の書き方は?

第二新卒転職TOP >> 第二新卒転職のよくある質問 >> 第二新卒の職務経歴書の書き方は?

第二新卒の職務経歴書の書き方は?

第二新卒になると、転職活動で作成する書類は履歴書だけではありません。これまでやってきた仕事を掲載する職務経歴書を作成することになります。特に初めて転職活動を行う時には、どのように書いたらいいのかわからないということになります。決められた書式というのはありませんので、わかりやすさや見やすさがポイントになってきます。

人事担当者も職務経歴書には一度目を通します。ここで人事担当者は職務経歴書から、その人の将来の可能性を見出していきます。将来の可能性というのは仕事の経験や業務における考え方、仕事のスタンス、そして将来の姿といった点から見ていきます。

職務経歴書で、応募してきた人の職務概要やスキルの詳細、仕事への姿勢も見ていきます。ここで第二新卒者はしっかりと、人事担当者のチェックポイントを職務経歴書に組み込んでいかなければなりません。これまで経験してきた職場について理解をしてもらうために、労働環境や経験してきた業務を記載していきます。丁寧に記載してアピールを行っていきましょう。そして仕事のスタンスや、将来の目標は自己PRと同じくらい明確に記載していきましょう。わかりやすい表現をすることによって、人事担当者も他者と差をつけることができます。

近年職務経歴書はパソコンで作成するという人が増えています。インターネットでもサンプルを確認することができ、フォーマットを作って面接を受ける会社によって内容を少しずつ替えていくという人も増えています。

しかし、使い回しをするにもしっかりと内容を確認することが重要です。前の会社に伝えていた内容を丸々同じ形で作成をしていっても、通用することはまずありません。そして、前に面接を行った企業の内容や特徴をそのまま記載して面接に臨んだら、間違いなく不採用です。アピールポイントも大きく変わっていきますので、それぞれの企業の特徴をしっかりと見つけていき、自分の希望する仕事が何かを職務経歴書に記載していかなければなりません。

第二新卒者だと仕事の経験も少ないので、職務経歴書でアピールできるポイントが少ないと悩んでしまう人も多いことでしょう。しかし一日でどのくらい仕事ができるかチェックをしていくと、案外何を書いてアピールしていくか迷ってしまうことがあります。電話の取次などの雑務でも、工夫して仕事をしていたというのなら立派な職歴です。自己PRとしても十分に活用することができるので、まずは色々と探してみることが重要です。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.