第二新卒の面接対策は?

第二新卒転職TOP >> 第二新卒転職のよくある質問 >> 第二新卒の面接対策は?

第二新卒の面接対策は?

人生を左右する面接を何とか通りたいと、対策を常に考えている人も多いことでしょう。面接で人事担当者が採用するかどうか判断していきますが、大半の第二新卒者は緊張してしまい何を回答していたかわからないという傾向にあります。リラックスして面接を受けることが大切です。コミュニケーションがしっかりと取れるかどうかも、人事担当者はチェックしています。

面接では普段の話し方では通用しない時があります。敬語を適切に使っていくということは言うまでもありませんが、話の組み立て方も見られることがあります。わかりやすく伝えることができなければ、アピールポイントが明確になっていても不採用になることがあります。面接では独自のトーク方法があります。それは「結論から話していく」ということです。これだけで、採用する確率が非常に高くなることがあります。志望動機やアピールポイントなどを結論から話していくと、理由をゆったりと自分のペースで話していくことができます。モチベーションを維持することができたり、結論が弱くても理由でフォローできるので、人事担当者も採用するかどうかしっかりと考えていくことができます。

結論から話していくことのメリットはいくつかあります。まずは最も伝えたいことをすぐに言えてしまうことです。「御社は最初から第一希望でした」とか「仕事を前向きに考えていける」など、普段の話しならば理由を告げた後に言う言葉を最初に持ってきて、人事担当者の印象付けをすることができます。

面接によっては時間が限られていることもあります。人事担当者もサラリーマンですので、時間を多く作ることができませんので結論から話していくと結果を出しやすく、スムーズに進めることができます。そして結論が自分の考えてきたことと的外れの内容になっていても、理由を話していく中で修正されていくことがあります。

メリットの2つ目は、人事担当者が話の流れを理解しやすいという点です。最初に志望動機を複数持ってくると、「それぞれ説明しながら話す」と応募者に対して嫌な印象をインプットしてしまいます。時間が無い中で面接を行っていくので、くどくどしい話はご法度なのです。デメリットとなる枕詞を持ってくるよりも結論から話していくと、「そのような話なのだな」という印象を持つことができ、その筋に沿った内容を理解していきます。簡潔に理由を話すことができれば、さらにいい印象をあたえることになるでしょう。

話し方を制することができれば、面接も苦労することが少なくなります。そのためにも結論から話していくことが非常に大切です。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.