異業種への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 条件別の第二新卒転職 >> 異業種への第二新卒転職

異業種への第二新卒転職

異業種への第二新卒転職を検討している人もいることと思います。女性は特に転職する傾向が高く、給料や待遇よりも「自分のやりたい仕事をしたい」とチャレンジする人が少なくありません。異業種の転職といっても、社会人経験がある人は全くゼロではなく、ある程度の基盤のもとスタートできるといった特権があります。

異業種へ実際に転職している人を見ると、OLをしながら資格を取ったりスキルアップをしている人が少なくありません。あくまで現状のOLは安定性と給料を稼ぐ場であり、事務職系は特に土日休み残業なしが多いため、時間に関して猶予があります。時間優先で仕事をしつつ、夜間学校へ通う人はけっこう多いものです。

学校へ通うのもお金がかかります。公立等でない場合は特に、学費も馬鹿になりません。ローンを組んで支払っている人もたくさんみられます。貯金をつぎこんだり、ボーナスで支払いをする人も少なくありません。出資にはなりますが、自分のやりたい仕事へ就くための投資と考え、スキルアップに必要な経費は前向きに投資したいところです。

異業種の第二新卒転職は企業側も受け入れの幅を広げています。違う風を受け入れて社員に対してあらたな刺激になればと考えているケースも少なくありません。あえて異業種の人を採用したいと考えている経営者がいることも、頭に入れておきましょう。

しかしながら転職については日本はあまり良しとしない傾向が強く、今もその風潮は根強く残っています。あまりにも転職回数が多いと履歴書だけで落とされてしまうこともあります。また転職する場合でも同業他社へ移動することが多く、異業種となると未経験のため、二の足を踏んでしまう人も少なくありません。

そこで異業種へ転職するにあたって、自分がPRできるものをぜひ持っておきたいところです。例えばライバルに過去も同業の経験者がいるとします。同業の経験者に勝つためにはそれより「良い」と思わせる何かの材料が必要です。起爆剤とも言える材料だと尚いいですね。極端な話ですが、医療関係なら看護師ではなく、助産婦などの資格を取得するといったワンランク上の資格を目指すのも手と言えます。

募集が多ければ多いほど、第二新卒転職についても積極的に展開している可能性が高いです。「スキルありき」や「異業種経験者がほしい」など理由はそれぞれのことと思います。それらを乗り切ってぜひ転職先に合格したいところです。きっといい形で転職できることと思います。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.