高卒も応募可(学歴不問)の第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 条件別の第二新卒転職 >> 高卒も応募可(学歴不問)の第二新卒転職

高卒も応募可(学歴不問)の第二新卒転職

日本は戦後いちじるしい成長を遂げ、大学進学率も年々上昇しています。近年では「大学へ行くのは当たり前」とまで言われるおり、大学へ進学するのは、当然のことと受け止めている人も少なくありません。しかし中には、長引く不況の影響で大学進学をあきらめたといった人もいることと思います。大学進学をあきらめた人は、優秀であっても大手企業への入社は難しいのが現状です。

例えば県下一の進学校を卒業しても高卒は高卒ですし、最低ランクの高校を卒業しても同じことが言えます。まだまだ学歴社会の風潮が残る日本では高卒だと採用試験もなかなか受けられないところも少なくありません。まして事務職は人気が高いため、非常に厳しいことが予想されます。

ではどういったところが狙い目かというと高卒も応募可(学歴不問)の第二新卒転職を目指すのがおすすめです。高卒も応募可(学歴不問)の第二新卒を受け入れているところは、スキル関係の企業が多くみられます。ベンチャーなども高卒可のところがOKな傾向があります。中には、職歴なしやフリーターでもスキルがあればとにかくOKといったところも少なくありません。あくまで「スキルありき」というわけです。

通常の高卒ではスキルについてもそんなに持っていないことと思います。現状で転職先を探すのではなく、スキルアップをしてから転職先を探すのがおすすめです。実際に何ヶ月か学校に通って何らかの資格を取得し、第二新卒として採用が決まったという話も少なくありません。高卒で特に資格がない人の第二新卒転職については、なんらかの強みを持つことを最優先に検討することが大事と言えます。

また注意が必要なのは、未経験者やフリーター歓迎の正社員求人です。正社員を売りにして幅広い人を募集しているケースは、社員の使い捨て状態も少なくありません。使い捨てのような形で社員採用を行っている企業をいわゆる「ブラック企業」と言います。 せっかく転職してもブラック企業の場合、ほとんどの人が3年持たずに辞めてしまうため、ブラック企業への入社だけは避けたいところです。生活のために生涯仕事をするといった人も多いと思いますが、現在では65歳まで働く人が7割を超えています。かなり長い年数働かなくてはならないわけであり、仕事をする上でも注意が不可欠です。

高卒も応募可(学歴不問)の第二新卒転職だからこそ、スキルを確立させこの先ずっと努めることができる優良企業へ転職を果たしたいところです。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.