外資系企業への第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 条件別の第二新卒転職 >> 外資系企業への第二新卒転職

外資系企業への第二新卒転職

外資系企業へ憧れを抱いている人は多いことと思います。外資系企業は人気が高く、響きもカッコイイですよね。しかし外資系企業については日本企業には見られない「メリット」と「デメリット」があるためそのあたりの見極めを欠かすことはできません。

外資系企業についてはその国によっても方針が異なります。基本的にいわれていることは「駄目なら容赦なくクビ」「年功序列ではない」といった点です。日本企業は年功序列で、1度入社したら生涯その会社で勤めるといった人も多いことと思います。そのためあまり実力がない人や実は会社サイドが「辞めてもらいたい」と判断している人であったとしても、実行に移せないのが現状です。見方次第ですが、日系企業は手厚くそういった面で保護されている状況がうかがえます。外資系企業は「この人は駄目だな」と思ったら、「明日から来なくていいよ」くらいの強気のスタンスです。そもそも日系企業のような雇用条件があるわけではないので、当然のこととおこなわれます。

またメリットですが日系企業の場合、管理職手当てと残業手当がプラスになる程度であって、それ以外は優秀な人でもそうではない人と同じ位の金額のもと仕事をしていることが少なくありません。中には「あいつよりあきらかに自分の方が仕事をしている」と感じている人も多いとおもいます。しかしそれが日系企業のルールであり大抵はそのルールの中、給料体系に従った形で仕事に従事しているのがほとんどです。また年功序列の度合いも高い日系企業では、優秀云々関係なしに年々給料がアップするのが実情です。

外資系企業の場合は実力・実績ありきの社会であり、仕事ができる人は給料が高く、そうではない人はそれなりの報酬しかもらえないことが少なくありません。30代で外資系に勤務している人は年収3千万円以上といった人も少なくなく、給料体系にあきらかに差を感じることもあることでしょう。

外資系は「実力重視」であり第二新卒転職にも積極的です。実力があれば、過去のキャリア云々は関係ないといった考え方をしている人が少なくなく、会社に入社してみたら中途採用だらけだったというケースも多々あります。実力がある人しか採用しないため、新卒をゆっくり育て上げるスタンスの日系企業とはちょっと異なっている様子が伺えます。

外資系企業でのチャレンジはプラス評価にもつながります。実力ありきの社会ですが、若いうちに1度チャレンジしてみたいところです。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.