一年目以内の第二新卒転職

第二新卒転職TOP >> 条件別の第二新卒転職 >> 一年目以内の第二新卒転職

一年目以内の第二新卒転職

一年目以内の第二新卒転職を果たしている人が増えています。近年では長引く不況の影響で就職活動も大変だといった声が少なくなく、希望よりもランクを下げて入社したといった人も多いことでしょう。ようやく入社したものの、同級生でランクの高い企業に入社した人たちと自分を比較して、「やはりもっと上のランクの企業にチャレンジしたい」といった人もいることと思います。

中途採用についても3年以上からの転職が多く、1年の場合は「まだ社会人としての実績がほとんどなく新卒とかわらない」といったレッテルを貼られてしまうことが普通でした。しかし近年は優秀な人材であれば社会人経験一年目以内の転職者であっても、受け入れ態勢を整えているとこが少なくありません。

肩書き云々、真面目に勤めてくれる人といった採用はもはや一昔前の財政的にも問題なかった時代の話であり、現代は外資系型に以降しつつあります。そのため能力がある、あるいは優秀であると認められれば経験があまりなくとも採用されるケースが少なくありません。

アベノミクスで景気も上向きなっており、急ピッチで人を採用したいといった企業も出てきています。採用については景気とも大きなかかわりがあり、景気が上向きになっている現在はまさしくチャンスと言えます。どんなに優秀な人であっても景気が悪く、募集していない状況なら転職することは困難です。

企業側が中途採用を行うのは、優秀な人材がほしいからといった他に一から育てる手間がなく即戦力になるから、といった理由もあります。即戦力になる人材をほしいと思うのは当然のことです。1年目以内での転職の場合、よっぽどのスキルがなければ即戦力として活躍するのは難しいことと思います。

そうした事情からあらかじめ学生時代からスキルアップしておくとか、新入社員時代にスキルを身につけておくことが大事です。スキルを身につけておけば、「この人は努力家なんだな」と企業側も認めてくれる材料となります。またその企業が欲しいとしている人材であればなおさらのことと言えるでしょう。スキルについてはすぐには難しいかもしれませんが、資格があると断然有利です。資格があれば仕事ができるというわけではありませんが、資格があることによってそこから道が開かれる可能性は十分あります。思わぬアクシンデトで転職をしなければならないといったことも考えられます。「もしも」のために普段からスキルアップしておくことは、大変大事なことです。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.