第二新卒転職サイトおすすめランキング

第二新卒の転職者が増え続けている訳

第二新卒の人材に対して「一度会社を辞めているから打たれ弱いのでは・・・?」と考えるのは古い考え方です。新卒とは違い、ある程度の社会経験がありマナーや知識も持っている第二新卒は売り手市場にあるのが現状です。待遇面も新卒の時よりもいいですし「第二新卒が本当のキャリアメイクの第一歩」と考える企業も多いです。

そしてより有利に転職を進めるならやはり転職支援サイトは外せません。有名なところではリクルートエージェントがおすすめです。第二新卒を求める求人も多数保有していますし、何より転職に精通したキャリアアドバイザーのサポートが心強いです。その他も第二新卒の支援実績の高いサイトを掲載していますのでご参考下さい。

第二新卒の求人が見つかる!人気サイトを完全比較!

  サービス名 利用料金 第二新卒の求人数 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細
【第二新卒案件に関する「リクルートエージェント」の強み】
〇転職といえばやっぱりリクルート!新卒入社で失敗したアナタも安心!第二新卒でリスタート!
〇求人の数はもちろん業界トップレベル!中でも第二新卒の求人数は業界不問でかなり多い方です!
〇転職の悩みはコンサルタントにお任せ!自分では解決できない第二新卒の悩みもプロが解決します!



マイナビエージェント 無料 ★★★★★ 株式会社マイナビ 詳細
【第二新卒案件に関する「マイナビエージェント」の強み】
〇リクルートに次ぐ2番手はマイナビ!新卒入社でお世話になったマイナビですが第二新卒でも人気!
〇マイナビはゴルフなどスポーツスポンサーでも有名!雇用企業からしても安心のマイナビブランド!
〇求人の数もリクルートに並びます!リクルートと併用して幅広に求人を探す人が多いサイトです。



DODA 無料 ★★★★ 株式会社インテリジェンス 詳細
【第二新卒案件に関する「DODA」の強み】
〇DODAは求人を公開しない「非公開求人サイト」で有名!第二新卒の案件も非公開のものがほとんど!
〇非公開といえど無料登録後に閲覧可能。非公開求人の中には給与面・他待遇面抜群の人気求人も!
〇実績企業も一覧で公開しています。大手から新鋭ベンチャーまで第二新卒の求人を幅広く提供中!



@type 無料 ★★★★ 株式会社キャリアデザインセンター 詳細
【第二新卒案件に関する「type」の強み】
〇年収を上げるのを転職の目標に掲げるなら@typeもおすすめ!第二新卒で年収500万超えもあり!
〇会員登録後にスキルマッチング機能に自分の特性を入れれば企業側からオファーが来ることも!
〇外資系に強いのも特徴!金融・コンサル・メーカーなど外資系で高収入の第二新卒求人も紹介可!



イーキャリア 無料 ★★★★ ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社 詳細
【第二新卒案件に関する「イーキャリア」の強み】
〇ソフトバンク系列の転職企業「イーキャリア」がアナタの第二新卒の転職の悩みを解決します!
〇Web履歴書は是非使いましょう!イーキャリアの履歴書雛形で一度PR方法を決めておけば今後安心!
〇こちらもスカウト機能あり。Web履歴書を見て第二新卒歓迎の企業からオファーが来ることも多数!



第二新卒の転職市場の「今」

現在日本の企業の多くが若手社員の獲得に力を入れているという現実の一方、高校、大学を卒業してもなかなか就職出来ない、という状況に喘いでいる新卒生が多く存在するのもまた事実です。就職難と言われる現代において新卒生が簡単に就職出来るという保証はなく、多くの若者が日々就職活動に追われているのですが、その反面第二新卒のニーズが高まってきているのもまた事実です。

第二新卒とは、学業を終え就職を果たしたにも関わらず、3年以内でその職場を離れ、その後また就職活動を行う人の事を指します。こういった第二新卒と呼ばれる若手求職者は年々増加傾向にあり、また企業側も第二新卒の若手求職者を積極的に採用しようとする姿勢を打ち出しています。何故このような第二新卒と呼ばれる若手求職者が増加しているかという原因の一つには、就職活動の短期化、早期化が原因だと言われています。就職難と言われる現代において、就職を早く決めなくてはいけない、というプレッシャーなどから自らの望む職に就けなかったり、自身に合う職場に就職出来なかった事などが挙げられます。

第二新卒を採用しようとする企業は多く、中小企業から大企業まで様々な企業が採用に対して積極的な動きを見せています。理由は様々ですが、第二新卒の方が通常の新卒生に比べ入社意欲が高い、という事が極めて大きなウエイトを占めています。また、社会経験や実務経験が豊富な転職希望者よりも様々な面で柔軟性に優れ、伸びしろが大きいという部分が企業側にも魅力的なのでしょう。一度社会人として社会に出ているという点も大きなポイントで、一般常識や一定のスキルが見込めるという部分も企業側には魅力的に写る部分です。

第二新卒の求人は職種も実に様々です。第二新卒は全く必要ないと考えている企業は非常に少なく、多くの企業が第二新卒を必要としています。エネルギー界、美容業界、建築業界、アパレル業界など、第二新卒を求める業界は数多く存在します。様々な企業、業界が第二新卒を歓迎しているのが現実で、そのニーズは年を追うごとに高まっています。

第二新卒の方が転職する理由も様々だと考えられますが、一度就職した職場を離れるには様々な葛藤や心労が伴ったと考えられます。しかし、自身の人生は一度しかありません。納得いく人生を送る為に、今が再考のチャンスだと考えれば良いのではないでしょうか。幸い第二新卒のニーズの高さは折り紙つきなので、これを機会に自身の仕事観なども見つめ直してみるのも良いのではないでしょうか。


Copyright (C) 2014 第二新卒転職サイトおすすめランキング All Rights Reserved.